トランプカードは誰もが知っている存在であり、初心者からプロのギャンブラーまで、誰もが日常的にトランプを使っています。ブラックジャックをはじめとするカードゲームだけでなく、数学の例題、円グラフ、記述問題などにも利用されています。
1,000年の間に、トランプは大きな進化を遂げました。国ごとに、そのデザインは異なり、色、シンボル、文化的な要素に特徴があります。
本記事では、トランプカードのシンボルの由来をご紹介します。
草創期
歴史家は、トランプカードの正確な起源を特定できていません。一部では、9世紀の唐の時代の中国に起源があるのではないかと示唆されています。しかし、これらのカードはチェスや麻雀の単なる装飾として使われていたのではないかという説もあります。14世紀の書物にトランプカードに関する記述も見つかっています。あるドイツの修道僧が記した著作には、トランプがいかに自分たちの生活を変え、自分たちがいかにトランプに慣れ親しんでいったかが記述されています。
スートの進化
ラテンのスート:14世紀ヨーロッパのカードメーカーは、スピリチュアリティに関心のある人々が未来を予測するために使うタロットカードからインスピレーションを受けたとされています。彼らは剣、棍棒(クラブ)、カップ、コインなどをスートとして採用しました。イタリアやスペインの伝統的な形式のカードには、今でもこうしたスートが使われています。

ドイツとフランスのスート:15世紀、ラテンのスートにインスピレーションを受けたドイツのメーカーが、ドイツ人の生活様式を表すハート、ベルト、ドングリ、葉をスートとして採用したトランプを開発しました。同時期に、ドイツとラテンのスートからインスピレーションを得たフランスのメーカーもトランプカードの開発に取り組み、カードの色を赤と黒の2色に分けました。このシンプルな色分けは世界中に普及し、カード制作の工程を簡素化しました。

また、ドイツのものを改良したフランスのトランプは、現在のトランプにもその面影が残っています。16世紀、フランスはカード制作の拠点をベルギーに移さざるを得ない状況に追い込まれました。その結果、イギリスがフランスからインスピレーションを受け、イタリアのコンセプトと組み合わせて誕生したものが、スペード、ダイヤ、ハート、クラブのスートで構成される、現在使われているトランプカードなのです。